エントリー

2013年10月の記事は以下のとおりです。

神風怪盗ジャンヌと一宮商工会議所がコラボしてました。

  • 2013/10/17 12:33

 つい先日とあるコスプレイヤーさんと買い物代行の事でお話をしていましたら、レイヤーさんから「そういえばジャンヌの公認コスが一宮で作られるそうですね!」と言われました。

 なんじゃらほい?と思って後で調べてみましたが、なんと少女漫画の「神風怪盗ジャンヌ」に登場する怪盗ジャンヌとシンドバッドの衣装を尾州産生地で製作し、発表をしたそうです。

 14日には一宮ビルで発表会を開いたとか。

 そもそもなぜジャンヌと一宮?と思っていましたが、なんと作者の種村有菜さんが一宮出身だったのですね…
 全然知らなかったので驚きました。
 地元の有名人と言うと舟木一夫さんとつボイノリオさん位しか知りませんので…お恥ずかしい限りです(^^;;;

 七夕祭りでもコスプレサミットのタッグを組むなど、コスプレと繊維産業街一宮とのコラボが見られるようになってきました。
 ただ今回の公認コスもそうなのですが、折角面白そうな事をされているのに一般的に殆ど知られていないのは残念でなりません。

 私どももレイヤーさんに言われて初めて知った位です(地元なのに…)。

 なぜこういう面白い事を宣伝しないのでしょう。
 本当にもったいないです。

 例えば一時的でいいのでgoogleの広告に掲載するとか、私たちのようにこの手のジャンルに理解がある地元業者のHPと相互リンクをして情報を拡散するとか、地元の即売会イベントに広告を配るとか、駅や本町商店街にポスターを貼りまくるとか、ね。
 今後もコスプレに力を入れるなら現名古屋市長の河村さんサイドへ話を通してコスプレ姉妹都市提携?を結んだり(名古屋市はコスプレに対して比較的寛容な都市です)、使用していない施設を間借りしてコスプレに関する博物館を作ったり…

 夢の可能性は無限大!(暴走中)

 冗談はさておき、面白そうな事をやってるのにもったいないなぁと思った次第です。はい。

 外野だから言えるのであって、現実的はいろいろな制約があって難しいのでしょうけどね。

三菱東京UFJ銀行の同行他店への振込手数料が有料になります。

  • 2013/10/10 06:32

 すでにご存じの方も多いかと思いますが、三菱東京UFJ銀行の振込やコンビニATMの利用手数料が平成25年12月20日より改定されます。

 お客様に(おそらく大いに)影響が出る点は下記の通りです。

1・セブン銀行、ローソンATM、e-NETのコンビニATM利用手数料が無料→105円、105円→210円になります。

2・同行他店への振込手数料が無料→105円になります。

3・メインバンクプラス(スーパー普通預金)の優遇条件が厳しくなります。

 今まで他行と比べて一歩先を行っていた三菱東京UFJですが、これで他行と肩を並べる事になります(後退したとも言います)。

 特に商取引をされている方にとっては2がボディーブローの様に効いてくるのではないでしょうか。

 またメインバンクプラスで時間外手数料無料の恩恵を受けていた方は3の影響を受けるケースがあります。

 お気をつけ下さい。


続きを読む

プロアトラスはSV7が最終板です。(でも6がおすすめ…)

  • 2013/10/09 11:04

 書店の地図コーナーでよく平積みされていたアトラス。
 昔からある有名な地図帳の1つで、色分けやマイナーな道路が乗っていたりして結構人気がありました(個人的には同様にマイナーな道路が多く掲載されている「ツーリングマップル」もおすすめです)。

 そのパソコン版とも言うべき存在がプロアトラスです。

 しかし昨今の情勢のなかアルプス社が倒産、プロアトラスシリーズはクレオへ移行され、筆まめが販売をしていました(平成25年9月30日で販売終了)。
 最終版はWindows用としてSV7が販売されていました。

 このSV7ですが、回りの人たちからの評判があまりよくありません。
 市街地の地図データが増えたり操作性も悪くはないのですが、地味に問題になっているのが…山間部の市道や村道ががりがり削られているのです。
 さらに人気がなさそうな川や沢の名称がかなり消えています。

 仕事柄、たまに山間部を走る事があるのですが、あるはずの道路が地図帳に見あたらないというのは地図帳本来の用途としてかなり拙いのではないでしょうか?

 愛知や岐阜山間部にもかなり細い道があり、そこを通らないとたどり着けない集落もあります。
 一度SV7を拝見しましたが、確かにSV6では表示されていた某所の村道が消えています。
 SV7の地図を見る限り、集落が消えてしまっています。
 うーん…気にならない人は気にならないのでしょうが、気になる人はかなり…気になるかなと…

 とはいえ、市街地はやはりSV7の方が充実して(というより新しくなって)いますのでそれはそれで便利です。

 山間部の道路を重視する人はSV6を、市街地を重視する人はSV7を選ぶ風になるのでしょうか。

 よろしければ参考までに。

部屋干しトップ!…の容量が減りました。

  • 2013/10/08 16:46

 仕事柄、衣服がすぐに汚れてしまうのでコンスタンスに洗濯をしていますが、いつも天日干しができるとも限りません。
 またすぐに服を使う場合があり、生乾きのままで取り込んで使う事もたまにあります(布地だけの服はレンジに入れて早く乾かす事もありますが…真似してはいけませんよ?)。

 このときに「部屋干しトップ」がかなり役に立っています(ここでのお話は粉末タイプです)。

 この洗剤は文字通り部屋干しを想定した洗剤ですが、他の洗剤にはない性能として「もどり生乾き臭を防ぐ」というものがあります。
 これが時間がとれなくてしっかり洗濯をして乾かす事ができない時にかなり助かってます。
 なかなか時間をかけて洗濯をする余裕がない方におすすめです。

 また、つけおき洗いにも活用ができまして、洗濯機にかけにくい運動靴や車のシートの布地にこれを使うとしばらくの間、消臭効果が続きます。

 …という個人的にお気に入りな洗剤ですが、先月リニューアルをして除菌EXになりました。

 ちゃっかり容量を100gも減らして… ←これ問題

 リニューアルしなくていいから容量は減らして欲しくありませんでした…

 ついでに言いますと、微妙に小売り価格が高止まりをしています。 ←これ大問題

 従来は約300円で購入が出来ました(大安売りをしていると270円程度になりました)。
 1回の洗濯で洗剤を50gを使用すると仮定すると20回の洗濯が出来、1回あたりの洗剤費は15円となります。

 現在は約400円で購入が出来ます(大安売りをしていると300円程度になります)。
 上記と同じように洗剤を使うと18回の洗濯が出来、1回あたりの洗剤費は22.2円となります。

 コスト比は1.48倍、約50%のアップです。
 あれ? これって事実上の値上げでは…?

自炊代行問題で取り残されたもの。

 10月1日付の各新聞に「自炊代行」に関する記事が掲載されました。
「自炊代行」差し止め命令 東京地裁初判断、作家ら勝訴

 ご存じかと思いますが、自炊とはネット用語として近年登場したもので、簡単に言いますと書籍などのアナログ媒体をデジタルデータ化する行為を指します。

 事の詳細は上記の記事を参照して頂ければありがたいのですが、これで自炊代行は違法行為であることがほぼ確定した事になります(被告が控訴して判決が逆転しない限り)。

 実は以前、二組の方から弊社に自炊に関してご相談を頂いたことがあります。

 お一方はご高齢で書籍の文字がどうしても読めず、電子書籍であれば文字の拡大が出来るので読めそうだが、その書籍は電子化されておらず、また自分で自炊をするだけの知識や機材がないので自炊をして貰えないかというもの。

 もう一方はお体に障害を負われていて本が持てず、モニターとタブレットを駆使して本を読みたいが自炊を自分でできないのでどうにかならないかというものでした。

 当時から違法ダウンロードや著作権の問題があり、自炊代行がかなりグレーゾーンとされていた為、このご相談を頂いた時もかなり判断に困りました。

 各方面から見解を頂いた末お断りをさせていただきましたが、大変心苦しかった事を覚えています。

 今回の判決により自炊代行が違法となる事が濃厚になりましたが、自炊を行いたいが自分ではどうしても行えない方に対するケアが必要ではないでしょうか。

 著作権の絡みもあって難しいとは思いますが、上記のようなケースを想定したガイドラインを著作権者側が策定する必要があると思います。

 代行業者で作る「日本蔵書電子化事業者協会」と日本漫画家協会などで作る「蔵書電子化事業連絡協議会」が電子化についての基本方針に合意したそうですが、自炊代行が違法行為とされてしまいましたので今後どうなることでしょう…

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2013年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

Feed