エントリー

2014年09月の記事は以下のとおりです。

背筋が凍ったお話。

  • 2014/09/24 00:10
  • カテゴリー:その他

 お仕事をしていますといろいろな場面で寒気を覚える、背筋が凍る思いをする事があると思います。
 ここでは人物編として背筋が凍ったお話を少しさせていただきます。

 本当はこの様な事を考えてはいけないとは思いますが、長年この手のお仕事をしていますと、できれば避けたい、関わり合いを持ちたくない人たちがいます。

【ケース1】
 ポスティングのご依頼をされたAさん。打ち合わせをしたところ、どうも日本語がおかしく、中国系の方でした(なぜか苗字は日本名)。
 弊社は日にちを限定したエリア配布(○日に△△町、×日に□□町にちらしを配布してほしい)はできないのですが、Aさんはそれをやってほしいと言ってきます。
 こちらがそれは絶対できない事を何度も説明して、ようやくご理解頂けたのでご依頼を引き受けました。
 翌日、送られてきたチラシを見て愕然としました。
 しっかり日付が指定されていたのです。
 すでに断れない状況でしたので仕方なくできる限り日にちを合わせて配布を行ったところ、その翌日にクレームが入りました。
 話を聞くと、とあるアパートで1カ所に複数枚がポスティングされているとの事。
 実は集合住宅ではよくあるのですが、いらないチラシを横のお宅のポストへ捨てていく方がいらっしゃいます。
 ポスティング業界ではよくある事なので驚きはしませんでしたが、驚いたのがそのAさんのスタッフがそのポストを開けてダブル投函の状況を撮影してこちらへ見せてきたのです。
 平然と他人のポストを無断で開けて撮影ができる精神に寒気を感じ、全額返金してお断りをしました。

【ケース2】
 海外で業務用品を買い付け日本に輸入しているB社。その担当者の方が商品の資料をデータ化するために入力代行の依頼をしてきました。
 弊社の場合は単純にデータ入力をする「文章入力」と紙面印刷を意識してレイアウト調整を含めた「文章作成」に大きく分かれますが、今回は「文章入力」でご依頼を頂いたにも関わらず受注するぎりぎりになってレイアウト調整を要求してきました(当然金額がまったく違います)。
 何度も丁寧に「入力」と「作成」の違いについて説明を行いましたが、こちらの説明中に急に電話を切り、数時間後メールでキャンセルが入りました。
 企業としては考えられない応対の仕方です。
 もしあのまま依頼を受けていたらと考えると…

【ケース3】
 買物代行の依頼をしてきたCさん。今から1時間後に刈谷で買物をしてきてほしいという内容でした。
 こちらは一宮市に事務所があります。すぐに移動をしたとしても1時間以内に刈谷市に向かうことは無理ですし、そもそもすでに先約がはいっていましたのでどちらにせよすぐの買物は無理です。
 時間的に無理であることを説明しましたが、何度説明しても「金ならはらう」と返答が…。挙げ句の果てに「金がほしいんだろう?」とまで言ってくる始末。
 金で言うことをきくと思っているのでしょうか…(そもそも間に合うわけがありません。)
 改めて時間的にも無理だと説明をしたところで電話が切れました。
 しかしなぜ刈谷で、しかも1時間後に買物をしてほしいと言ってきたのか?
 後で調べてみたところ、どうやら新型スマートフォンを一人1台限定で販売をしているお店があったようでした。
 …ん? それって…

 私たちの背筋を凍らせてくれた彼らに共通しているのは「基本的な日本語が理解できない」ということと「いきなり横柄な態度でアポイントをしてくる」という点かなと思います。

 怖いですね…

 また時間があれば次は現象で背筋が凍ったお話を、と思います。
 (このお話はほぼフィクションですので悪しからず。)

アンコボックスの広告(カタログ)を大須においてきました。

 先週大須に寄った際に第一アメ横などにある同人を扱っているショップさんに広告を置かせて頂きました。

ファイル 169-1.jpg

これが今回の表紙ですね。

ファイル 169-2.jpg

これが中身の一部になります。

 今回はリーフレットのようになっています。

 またよろしければ現地で見つけてみてください。
 今回はせっかくですので下にPDFファイルも置いておきます。

広告(カタログ) PDFファイルなのでご注意下さい。

 もし「うちでも広告おいてええよ~」というお店さんがありましたらお知らせ下さい。
 かわりにお店の広告を頂いて配布いたします。

 それではまたー。

並び代行というお仕事。 -願書受付で並ぶ-

 並び代行とはその名の通り、お客様に代わってひたすら並ぶお仕事です。
 コンサートチケットや限定品販売、駐輪場の申し込み、イベントの席取りなど…並ぶ必要があるシーンはいろいろありますが、本人がどうしても並ぶことができない時に私どもが替わりに並びます。

 実はこの時期に多いのが幼稚園の願書受付の並びです。
 ここではこの願書受付の並びについて、少しお話をしたいと思います。

 「勉強や基本的な教育がしっかりしている」「アレルギー対策がしっかりしている」「時間外の預かりがしっかりしている」…

 この様な人気のある幼稚園や保育園は、どうしても願書受付日より前から親御さんたちが並ぶ事が多く見られます。

 しかし通園させる大半の親御さんはお仕事をされているため、四六時中並ぶわけにはいきません。

 そこで我々の出番となるわけです。

 ほとんど宣伝はしていませんが、うちの場合はお陰様で口コミやご利用者さまの紹介で毎年何らかのご依頼を頂いています。

 あらかじめお見積もりを出させていただきますが、そこでほとんどの親御さんが仰られるのが「けっこう高いですね」です。

 ケースバイケースですが、数時間程度であれば1万円以下に収まります。
 しかし半日、1日、数日となるとその金額は2万円、3万円と比例して上がります。

 確かに一見高いように思われますが、実は大半が人件費のため、収益はそれほどありません。

 例えば幼稚園の願書提出のために丸2日並ぶ場合、どうしてもスタッフを臨時増員して定期的な交代が必要となります。
 そうなると一人あたりの時給を800円と換算しても1日で19200円となります。人員の確保にかかったコストを含めると1日あたり2万円は下りません。
 親御さんと協力してこちらの並ぶ時間をできる限りカットするなど、いろいろな方法で料金を下げるようにはしていますが、やはり万単位の料金が発生してしまうので、その辺りは何とぞご理解下さい。

 これに関して以前とある方から「適当に人を集めて人件費を抑えられないのか」と言われましたが、うちはそれはやりません。

 適当に集めた人は各自がもつ責任感も適当だからです。

 適当な人は途中で辛いからと列を離れて逃げてしまう事もあります(万が一願書受付で並んでいる時にそんな事をされたら致命的です)。
 なにより幼稚園の願書提出の場合は「通園希望の子の親御さんか親類、ご友人が並ばれている」とみなされますので、適当な服装や対応しかできない人に任せられません。
 詳細は伏せますが、実はある幼稚園さんは夜間並んでいる間の親御さんたちの立ち振る舞いをチェックして入園の一つの判断材料にしていました。

 これは他の並びにも言えることですが、並び代行といってもただ並ぶだけではなく、当人の身代わりを務めているに他ならないのです。



 そういえば一つ気になった事があります。

 最近は情報通信が発達したお陰でインターネット上で幼稚園の願書受付に関していろいろな情報を得ることができます。

 「5日前から並んでた」「受付3日前に行ったらもう定員オーバーしていた」などの情報が流れている様ですが、少なくとも名古屋地区や尾張地区においてはそれらの情報は決して正しいとは言えません。

 例えば5日前から並んでいたという噂のあった某幼稚園の場合、確かに5日前から願書受付待ちの親御さん達の姿はちらほら見えましたが、実際は園児さんや送迎の親御さんたちの邪魔になるため、並ばせて貰えませんでした(事実上並び始めたのが願書受付日の前々日の夜からでした)。
 ある幼稚園では張り紙で「前日16時までは並ぶことを禁止する」と張られていました(実際に並ぼうとした親御さんが排除されてました)。
 沢山の人が並びだして収集がつかなくなったある幼稚園では前日の朝に並び用の整理券を配って一旦解散させていました。

 並ぶ親御さんを邪魔にならないところに集められるだけの施設やスペースをもっている幼稚園なら別かもしれませんが、普通は願書受付待ちの親御さんが列を作って並んでいたら園児や保護者、周辺の住民に大変迷惑になります。

 そんな状況で園は何日も親御さんたちを並ばせるでしょうか?
 冷静に考えたら妙なお話ですよね?

 これは実際に毎年幼稚園を回って並んでいる現場を見ているため言えることですが、どうかインターネットの情報だけに頼らず、必ずママコミュニティや地域の人から情報を仕入れてください。
 幼稚園の先生に聞いてもいいでしょう(園によってははっきり言うと逆に並ばれてしまうため、お茶を濁して細かい情報を言わないところも多いですが…)。

 最後にこれからがんばって並ぼうとお考えの親御さんへ。

 9月~10月は夜の気温が大幅に下がります。
 また夜間は仮眠をすると思いますので、軽い防寒具やクッションはあると便利ですよ。

 あと天気は必ずチェックを。
 突然の雨に対応できるように傘や合羽、防水性のシートはあるといざというときに便利です。
 傘は日よけにもなって便利です。

 時々携帯ゲーム機で時間を潰す人もいますが、イヤホンは必須。
 まわりの人に迷惑をかけないように気を付けてください。

 ではまた~

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2014年09月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

Feed