エントリー

2015年01月の記事は以下のとおりです。

ヤマト運輸のクロネコメール便の廃止について。

 すでにご存じの方も多いと思いますが、クロネコメール便が今年の3月で廃止となります。

クロネコメール便の廃止について

 いつかは来るかと思いましたが、思ったより早くこの時は来てしまいました。

 日本には俗に言う郵便法と信書便法というものがあり、これを誤解を恐れずに簡単に説明しますと、信書(特定の受取人に対して差出人の意思を表示し又は事実を通知する文書…手紙はもちろん領収書や契約書なども全てこれに該当します)は郵便(今の日本郵便)でしか運べないという法律です。

 つまり信書であるにも関わらず郵便以外の手段で相手に送ると法律違反となるわけです。

 本来は郵便が民営化された時点でこの信書便法の該当団体が消滅した事になり、民間企業であるはずの日本郵便のみならず他の民間企業も事業参入ができる余地ができた訳ですが、ご存じの通り国は民間企業の参入を事実上拒んできました。

 意外に知られていませんが、この信書の取り扱いを巡り郵便法違反として運送事業者でなく差出人が罪に問われる事がありました。

 弊社が運営している郵便物受取サービス(いわゆる私設私書箱)のアンコボックスも、お荷物の転送の際には基本的に郵便を使っていますが、これは法に触れる危険を回避するためでもあります(お預かりしている荷物の中身が分からない以上、信書が含まれているかもしれないと考えているためです)。

 今回のヤマトさん撤退のお話を読みますとヤマトさんが匙を投げたといいますか…この分野を見切りをつけた形になります。

 今後はより郵便法・信書便法について厳格に運用される事が予想されます。

 皆様も信書の取り扱いには今まで以上にお気をつけください。

 そしてヤマトさん、今までお疲れさまでした。

謹賀新年

 旧年は大変お世話になりました。

 本年もまたよろしくお願い申し上げます。

 アンコグループスタッフ一同より

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2015年01月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

Feed