エントリー

マニュアル車のミッションを長持ちさせる方法(2)(DA52系エブリイから)

  • 2013/03/21 08:04

 何かと壊れやすいDA52やDA62系エブリイのミッションですが、出来る限り長持ちをさせる方法の1つとして、ギアオイルに気を配るという考え方があります。

 あくまでも個人的な経験からのお話ですから参考程度にみて頂きたいのですが、ギアオイルを変えるだけでもギアチェンジの感覚やギアの入りが良くなったりします。

 DA52の場合、ギアオイルは75W-90(GL-4)を標準としています。このGL-4というのが意外にくせ者でして、現在カー用品店などを回ってみますと大概GL-5しか置かれていません(ただよく説明書を読むとGL-4も書かれている事が多いです)。
 GL-4とGL-5の違いはオイルメーカーや種類によってばらばらの様ですが、整備屋さんによればGL-5は極圧性能が強化されており、そのために添加剤などの成分が大きく変わっている事が多いそうです。

 最近の車はGL-5で特に問題はありませんが、DA52の様にGL-4を使用する事を想定して設計されているミッションの場合(要は古い車…)、GL-5を入れる事で逆にギアが入りにくくなる事があります。
 普通はギアを入れやすくするために回転をある程度合わせる必要があり、シンクロのコーンを押しつける事でその同調を図るのですが、GL-5を入れると極圧性能の高さが徒となってコーンが滑ってしまい、なかなか同調が取れない事がある、と言うのがその理由になります。

 また以前見た技術系雑誌で、古い車に一部のGL-5オイルを加えると特定の金属(真鍮など)を浸食する危険性があると言う話も聞きました(ちなみに初期52型のエブリイのシンクロは真鍮…)。
 ただしメーカーや種類によっては浸食作用を抑えた成分を使用しているものもあり、GL-5が必ずしも真鍮を浸食するという訳ではありませんので、またややこしい事になります。
 この辺りはオイルなどの取説をしっかり読む事をおすすめします。

 さて、しばらく前になりますが実際にうちの社用車(DA52V)でオイル交換をして試してみました。
 すると確かにスズキ純正オイル(75W-90のGL-4)を入れたところ、カー用品店で購入した社外オイル(75W-90のGL-5)より低速ギアの入りがちょっと良くなりました。
 ただし、純正品はカー用品店で購入するより高価になります(オイル代はそれなりですが、どうしても作業工賃が…)。

 またスバル系のある整備屋さんがスバル純正ギアオイル(ギアオイルエクストラS)を勧めてくれました。75W-90でGL-5ではありますが、ミッションを酷使しがちなインプレッサや赤帽サンバーによく入れているそうで、エブリイに入れてみると確かにギアの入りが良くなりまして、前述のスズキ純正よりさらになめらかに感じました。
 やはり普通のオイルと成分が異なるのでしょうか?
 ただこのオイルは一般では小売りしていないそうで、また、高価でした(オイル代も去ることながら作業工賃が…)。さらに最近はこのオイルをディーラーでも置いていない事があるとのことでした。

 どっちにせよ一般ユーザーはなかなか気軽には入れれませんね。

 結局、純正品にせよ社外品にせよ規格範囲内で色々なメーカーを試してみて、自分の車両にマッチするオイルを探す必要がありそうです(感覚は個人差がありますし)。

 現在はカー用品店で入手したBPのギアオイル(75W-90、GL-4の表記もあるGL-5)にモリオートギヤという添加剤を加えています。これは入手が容易だったというのが一番の理由です。
 この添加剤はホームセンターなどで比較的安価に手に入る物品です。他にもWAKO'Sの添加剤が有名ですが、いかんせんお高いので遠慮しています…(^^ゞ

 この添加剤を入れてから1、2速の入りが改善されました。
 ただ、スズキやスバルの純正オイルを入れた時と比べるとどうかといいますと…微妙なところです。
 この辺りは正直、個体差と個人の感覚の違いが有りますので、善し悪しの断言が出来ません。

 と言うことで、ギアオイルでミッションの症状が改善できる事もありますよ~というお話でした。
 あくまでも参考程度にお考え下さい。

マニュアル車のミッションを長持ちさせる為には…(DA52系エブリイのトラブルから)
Q&Aサイトの怖いところ(エブリイワゴンDA52Wターボの質問から)



(2013/05/20追伸)
DA52のミッションやシンクロの分解図とかないかな~とネットを探していましたら、大変興味深いサイトを見つけましたのでリンクしておきます。
末期のイジリ病
おれちん様のブログなのですが、ミッションを分解してシンクロの歯車を写真付きで掲載していました。
これを見るとエブリイはギアチェンを乱暴にしたらまずい事(なんと柔い事か…)やオーバーホールが高額になる事(ミッションを下ろしてリングを外して云々をしていたらそりゃーお金が掛かりますわ…)がなんとなく分かります。
壊して分解する所まで行かないようにやっぱりミッションは普段からやさしく扱いましょう。

(2013/06/01追伸)
なおDA52型のミッションオイルは1.2L、デフオイルは0.8Lです。
62型は調べていませんので分かりませんが、エンジンが変わってますので必ずお調べ下さい。

んで、なにが困るかってこのミッションオイルの中途半端な量!
1L缶じゃ少ないんです。
かといって2Lは多すぎるという…
余ったからと言ってデフオイルに流用も出来ません。
じゃぁモリオートギアを使えばちょうどじゃないか!?
と思ったりもしますが、この添加剤…容量が100mlなんです。
あ、あと100ml足りない…_○□=パタ

(2013/06/14追伸)
ここのサイトも参考になるかなと思います
ギアオイルについて-モリブデンBP

マニュアル車のミッションを長持ちさせる方法(1)(DA52系エブリイから)
マニュアル車のミッションを長持ちさせる方法(3)(DA52系エブリイから)
エブリイワゴンDA52Wターボの質問から(Q&Aサイトの怖いところ)

ページ移動

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

Feed