エントリー

アイドリングストップ…やめました。(車)

 うちの会社で活躍中の車にバネット(4WDガソリンMT)がありますが、燃費向上の為にここ1~2年の間、アイドリングストップを行ってきました。
 が…先日止めました。別に効果が無かったわけではありませんよ? ただ、アイドリングストップを止めざるを得ない問題が出てきてしまいました。

 と言うことで、せっかくですのでアイドリングストップの効果と問題についてメモとさせていただきます。

 従来バネット君の燃費は平均8.2Km/lでした。

 バネットのエンジン性能を調べて計算すると、一回エンジン始動をさせるとアイドリングで約20秒分の燃料を消費する事が分かりました。
 その為、信号や踏切などで20秒以上は停車すると思われる場所ではエンジンを切るようにしました。
 それ以外にもニュートラル走行(別名電車走行?惰性走行?らしい… 要は近い将来減速停車が見込まれると思ったらギアをニュートラルにして惰性で走行する方法。当然エンジンブレーキがかからないため、十分注意が必要です。)を行って省エネ走行に徹した結果、ここ最近の燃費は平均10.1Km/lまで上がりました。

 ガソリン料金が高い現在ではかなりお得です。

 しかし…思わぬところで問題が発生しました。

 なんと、スタータ(セルモータ)が壊れました…

 修理費用は約4万 ||||orz

 まぁ今思えば通常一日で10~20回程度のセル始動がアイドリングストップを行っている間は一日で100~150回になるわけですから、使用頻度は単純に10倍、寿命も1/10ですよね…

 修理費用を考えたらアイドリングストップの意味が無いのでは…? となりまして、中止となりました。

 ただ、このバネットのセルモータが元々弱い(アイドリングストップを考慮していない時代の古いタイプ)というのも原因にありますので、最近の車ではあまりセルモータが壊れることは無いのかもしれません。

 古い車でアイドリングストップはちょっと考えた方がいいですよ、と言うことで一つよろしくお願いします。

ページ移動

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

Feed